竹谷本店のあゆみ

歴史

秋田は古来より金銀の産出が豊かで、これを利用した手工芸が発達していました。

江戸時代に歴代の藩主の保護奨励下、主に武器金具師により金銀細工の各種手工芸品が制作されました。

天保元年に金銀細工の店を創業した当店は、明治末期、初代竹谷金之助の熱意と優れた指導力により、一門から優秀な細工師を多数輩出しました。

それにより秋田の金銀細工は一大飛躍をとげ、中央業界においても揺るぎない名声を博するに至りました。


弊社の栄誉

宮内省御買上げ7回

昭和30年天皇・皇后両陛下よりバックル・ブローチ・イヤリングの御買上げの栄光を賜る

東北、北海道工芸品展覧会に於いて連続5回一等賞授与されたことにより名誉賞受領

商工省主催全国工芸品展覧会三等賞四点受章

昭和27年9月秋田県産業功労者として表彰される

その他各種展覧会に於いて優等賞、一等賞受領すること三十数回


取り扱い商品

銀線細工:ブローチ・ペンダント 

     イヤリング・カフス

     壁飾り額

銀製品: スプーン・フォーク

     コップ・トレー・額

貴金属: 指輪・ネックレス・イヤリング

 地金:  金・プラチナ